Vincere 10.5 ニューバージョンのお知らせ

vincere-105-product-teaser

お客様へVINCEREの新リリースについてのお知らせです。

2016年も残り一ヶ月足らずで終わりを迎えようとしていますが、弊社ではVincere 10.5のリリースに向けてチーム一員で努力と開発を重ねてきました。今回の改善は必ずお客様の役に立つと信じております。

MY求人媒体

皆様への早めのクリスマスプレゼントとして独自に制作したMY求人媒体(サイト)をご案内します。このサイトは各リクルーティング会社がオリジナルのロゴを付けて、オリジナルの案件掲載ができる求人サイトです。案件掲載のVINCEREの求人サイトでは御社の求人情報の掲載をします。求職者がウェブにアクセスでき、求人検索や友人と共有したりその場で仕事に応募する事が出来ます。そして応募してきた候補者の履歴書やデータを自動的にお客様のシステムに登録します。自分の求人サイトを持つ必要もありませんし、ウェブサイト制作のコストは一切掛かりません。御社のブランドがついた求人サイトはご自由にお使い頂けます。是非求人サイトを活用してみてください。

さらに、

1.求人リスティング:閲覧者には御社の求人掲載を1クリックでご確認頂けます。

2.検索:候補者は適切なポジションから求人を検索出来ます。給与やロケーションや他キーワードなど。

3.CVをアップロードして応募が出来ます。Indeedまたはリンクトインからも応募出来ます。

4.職種に応募しなくても求職者は履歴書のみ登録する事も出来ます。

5. 複数の言語:求人サイトを様々な言語で表示して掲載します。日本語と中国語を含みます。

6. モバイル、ソーシャル:モバイルやソーシャルメディアでも問題なく見れます。

ウェブサイトのサンプルはこちらをクリック

御社の会社ロゴへの変更も可能ですので、カスタマイズして自分のものにしてみてください。職種を自動的にサイトにアップデートしましょう。候補者の応募情報が次々に入ってくるようになります。

*追加コストは無しで現在契約中のお客様にご利用頂けます。

Indeed 統合

時間とコストを削減しながら候補者情報の登録をスムーズに行う手助けは我々の最優先の仕事です。Indeedとのパートナーシップもその為です。VincereとIndeedの統合のアイディアは採用の効率化を高めるというロジカル思考です。1)VincereのユーザーがIndeedで履歴書を検索できる 2)Vincereのシステム内で追加した職種を自動的にIndeedにも反映させられる。Indeed内の求職者のレジュメを簡単にインポートしてシステムに登録する事が出来ます。

 

vincere indeed search

ロケーションサーチ

ロケーションサーチはマーケットをリードする機能といっても相応しいくらい優れています。何故なら候補者の最寄り駅に近い案件を検索し、素早く提案して応募プロセスまで進める事が出来るのです。もちろんその逆で案件の最寄駅近くに滞在している候補者を素早く検索する事もできます。例えばクライアントの企業所在地から2キロ以内のロケーションに自宅がある候補者を検索する事までも可能になるのです。候補者の自宅から仕事までの正確な所要時間を伝える事もできます。所要時間だけではなく、会社までの行き方や地図をその場で見せる事も出来るのです。この機能は他のシステムには今の所真似出来ない機能です。

vincere radius search

新タスクボードとコメント

複数の顧客と候補者の登録がある中で、日課スケジュール設定や課題管理などには時間が掛かります。問題を解決する為に、今回のバージョンではタスクボードに三種類のタブが追加されました。①予定 ②現在 ③過去 これらが三種類のタブになります。

この機能では期日を守る事と予定通りにフォローアップが出来るように手助けします。コメントのセクションも新しくデザインしました。こちらも時間表に注目しましたので、いつどこで同僚が何をしたのかも把握できるようになりました

vincere comments

KPI分析

<KPI-数値計画と目標管理>は全てのリクルーティング会社向けではありませんが、データ中心な機能ですので大変ご活用頂ける機能になっています。どのコンサルタントが目標に達成したのか、誰が目標に及ばなかったのか、アップグレードしたKPI機能では把握できるようになりました。新しいKPI機能では各従業員の作業の効率化と利益を分析します。追加フィールドがないので、とてもシンプルなインターフェイスでそして信頼性のある機能になりました。

サンプルKPIを見るにはここをクリック

他の改善点と機能性について

  • Email テンプレート
  • 案件内容の追加と案件のコピー
  • 作業内容の追加
  • 分析:ユーザーアクティビティ、営業パフォーマンス& パフォーマンス測定
  • バージョンアップAPIドキュメント

今後ブログなどで更に詳細をご紹介していきますのでご覧下さい。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *